バラハタ 奄美大島 泳がせ釣り 鹿児島県

【奄美編ラスト】水深10m~20mのC地点で釣りをしてみた|宇検の筏

2020年11月1日

今回は奄美釣行最終日!ということで宇検の筏C地点に行ってきました。

前回、前々回とムロアジを泳がせて大物を狙いましたが連日ヒットせず!

なんとしてでもリベンジを果たすべく今回は水深の浅いC地点を選択。

C地点では水深が10m~20mしかなく、スジアラなどの根魚が多いようです。

なので今回のターゲットはスジアラ!はたして釣れたのでしょうか?

宇検の筏C地点へ

今回は友人と一緒にC地点へ。

始めていくポイントというだけあってワクワク、ドキドキ…

B地点よりも外洋に近い分期待はできますね!

到着して仕掛けの準備をしていると。

バラハタがヒット

49センチのバラハタがヒット!

きびなごにくってきたみたいです。

おー!これは幸先いいですね!

バラハタ…はじめてみましたが、けっこう美味しいらしいですね。

これでスジアラにも期待がかかります。

その後はいつものようにサビキでムロアジ釣り。

ムロアジ・グルクンは入れ食い

仕掛けはチビムロサビキの4号。

C地点ではムロアジはなかなか釣れないと聞いていたので不安でしたが、そんな不安を裏切るように釣れる、釣れる。

ムロアジにグルクンのオンパレードです。

 

ってことで、さっそくムロアジを泳がせてみましょう。

 

 

さっそくムロアジをセット。

あとは大物が喰ってくるのを待つのみ!

奄美最終日!釣れてほしいなぁ~

 

大物を待っている間はサビキで遊びます。

とにかく釣れるサビキ

とにかくサビキは釣れますね~。

ムロアジ・グルクン・名前の解らない魚まで、とにかく飽きません。

これなら子供も喜ぶこと間違いないでしょう!

隣のファミリーもじゃんじゃん釣っていましたよ~。

ランチタイム

そして、あっという間にランチタイム。

海で食べる弁当って本当に美味しいですよね。

どんなお弁当よりもおいしく感じるのは私だけでしょうか?^^

そうこうしていると。。。

ムロアジが暴れだす

今まで反応のなかったムロアジが急に暴れだしました…

何かに狙われているようです。

喰え…喰え…喰ってくれ~

じわじわとラインが出ていきます…

どうやら喰ったようですね…

魚が飲み込むまでじっくり待ちましょう。

そして次の瞬間。

合わせると竿が大きくしなります!!!

喰った!食った!

でも…またしても逃しちゃいました…。

糸を巻き上げてみると…スパッと切られています…。

またしてもやられちゃいましたね…。

ハリスは16号なんですが…いとも簡単に切るなんて…ウツボの仕業でしょうか?

こんなに簡単に仕掛けを切られるなら、ワイヤー仕掛けじゃないと無理なんかな~。

くそ~悔しい…。

前回から逃してばっかだ…奄美の海をなめてました…。

反省ですね。

その後は友人が小さいスジアラやカンモンハタを釣り。

 

おまけにエラブチ。

 

あっという間に終了の時刻に…。

その後はムロアジに何もヒットすることなく終わってしまいました…。

結局目標にしていたスジアラはサイズこそ小さいものの釣ることができました。

小さいスジアラがいるということは、大きい奴も必ずいる!ということで今回の奄美釣行では大物は釣ることはできませんでしたが…これでまた奄美に来る口実ができました。

そんなに簡単に大物が釣れたら面白くないですもんね。

次回、奄美に遊びに行けるのは春ごろかな~。

それまでにコロナが落ち着けばいいのですが…

コロナ終息を願って!そ

それではまた!

11月1日の釣果

  • バラハタ
  • カンモンハタ
  • スジアラ
  • エラブチ
  • ムロアジ×20匹以上~
  • グルクン×20匹上~
  • 名前の解らない魚×数匹




-バラハタ, 奄美大島, 泳がせ釣り, 鹿児島県

Copyright© 釣りに関する備忘録 , 2020 All Rights Reserved.