アオリイカ エギング 奄美大島 鹿児島県

奄美大島でランガンエギング!果たしてアオリイカは釣れたのか?

2020年10月28日

今回は3年ぶりに地元奄美大島に帰省して、釣りに行ってきました。

1日目はどうしても地元奄美のアオリイカが食べたいということで、ランガンでアオリイカ狙いのエギング。

ちなみに奄美大島でエギングをするのは初めてです。果たしてアオリイカは釣れたのでしょうか?

まず向かったのは宇検村の久慈。

宇検村の久慈でエギング

この日の天気は快晴。

10月下旬だというのに、真夏のような暑さでした。

この暑さでアオリイカ釣れるのか?ちょっと心配ですが、とりあえずエギを投げて反応をみてみます。

さすが南国。グルクンやエラブチなど南国特有の魚たちが回遊しています。

魚影は濃いのですが…アオリイカの反応はなし。

結果1時間近く粘りましたが全くダメでした。

次に向かったのは同じく宇検村のタエン浜

宇検村のタエン浜でエギング

さすが奄美!海の透明度がはんぱない。

福岡の糸島も十分に綺麗ですが、奄美の海には敵いませんね。

久しぶりの地元の海に心が癒されます。

と、海を眺めているとさっそくアオリイカの群れを発見。

さっそくエギを投げてみますが、興味は示すものの警戒してエギを抱きません。

結局釣ることはできず、このポイントでも1時間近く粘りましたが、アオリイカを釣ることはできませんでした。

簡単に釣れると思っていただけに、悔しい結果です。

続いて向かったのは大和村の今里漁港。

大和村の今里漁港でエギング

外洋に面しているので、期待して来てみたものの、北風が強くコンディションは最悪です。

ココでも1時間近く粘りましたが全く釣れず断念。

この時点で時刻は12時を回っていました。

うーん。。。。なかなか厳しいですね。

次に向かったのは同じく大和村 津名久の堤防

大和村 津名久の堤防でエギング

と、ここでようやく見えイカを発見。

サイズは小さいもの、久しぶりに見たイカにテンションが上がります。

さっそく新子めがけてエギを投げると。

1杯目のアオリイカがヒット

サイズこそ小さいですが、奄美での初アオリイカにテンションが上がります。

でも、このサイズは持ち帰れないのでリリースですね。

2杯目のアオリイカがヒット

その後も立て続けにアオリイカの新子がヒット。

でも、このサイズも持ち帰れないのでリリース。

なかなか持ち帰れるサイズのアオリイカが釣れませんね~。

奄美のこの時期は厳しいのかな?

もう少し大きめのイカを期待していたんだけど…

その後も1時間近く粘りましたが、ヒットせずポイントを移動します。

次に向かったのは大和村の知名瀬漁港。

大和村の知名瀬漁港でエギング

時刻は14時過ぎ。

おそらく予定的に最後のポイントです。

今日は厳しいかな…と諦めかけていると。

弟の竿にヒット。

しかもけっこういいサイズっぽいですよ?

400gの良型!

やっと持ち帰れるサイズのアオリイカが釣れました^^

久々のアオリイカ!!食べるのが楽しみですね~^^

その後も1時間近く粘りましたが、釣ることはできず再びポイントを移動します。

次に向かったのは龍郷町番屋

龍郷町の番屋でエギング

30分だけ時間に余裕ができたので、最後にちょっとだけ投げてみました。

イカ墨もちらほらあり、夕マヅメで良い雰囲気でしたが…あっという間に終了時刻を迎えてしまい。

これでエギング1日目は終了。

結果、3杯しか釣ることはできませんでしたが、地元奄美での初エギングは楽しくて大満足。

何よりも綺麗な海で釣りをできたことが、何よりも最高な時間でした。

明日は20年ぶりに家族で釣り!

はたして何が釣れるかな?

それではまた!

 




-アオリイカ, エギング, 奄美大島, 鹿児島県

Copyright© 釣りに関する備忘録 , 2020 All Rights Reserved.